自動車リサイクル法とは

平成17年1月1日施行の自動車リサイクル法とは、放置すると環境に対し害があるエアバッグ、フロン、シュレッダーダストなどを、自動車メーカーの責任で回収することとした法律で、処理費用を自動車ユーザーが負担することになっています。リサイクル料金を負担するのはその車を最後に所有していた人ですが、たとえ自分が最後の所有者でないとしても、車を所有すれば必ずリサイクル料金をいったんは預託しなければなりません。(車の不法投棄防止のため)

リサイクル料金

車種によって異なり、国産で1万円位〜2万円。輸入車は国産車より多少高めです。
エアバッグの数、エアコンの有無、ボディタイプなどで違いが出ます。

リサイクル料金はいつ支払うのか?

現在所有している車のリサイクル料金は平成17年1月以降の次回車検時に預託することになります。

リサイクル料金はどこに支払うのか?

●新車を購入した場合……購入先ディーラー
●中古車を購入した場合……購入先中古車販売店に対しリサイクル料金を預託(預ける)する事になります。
●リサイクル料金の預託が済んでいない車の車検を通した場合……車検を依頼した店
●リサイクル料金の預託が済んでいない車を廃車にした場合…… 車輌を引き取った業者に対しリサイクル料金を預託(預ける)する事になります。
つまり、平成17年施行以降に新車を購入した場合は購入先のディーラーに、中古車を購入した場合はその車の車検が残っていれば次回の車検時、車検が残っていなければ購入時車検とともに購入先又は車検依頼先に支払う(預託する)事になります。

リサイクル料金を預託した証明

リサイクル料金の預託をしたら「リサイクル券」というものが発行され、預託をしたディーラー、販売店、車検依頼先などで受け取ります。今後はこの「リサイクル券」がないと車の登録、廃車ができなくなり、また車検を受けることができなくなります。

リサイクル料金預託済みの車を売却した場合

リサイクル料金の預託をしてある車を売却した場合、その車の所有者ではなくなるので、その車に対してのリサイクル料金は戻ってきます。ただしリサイクル料金は売却の際の買取り額に含まれる場合もあります。業者の提示する買取り額にリサイクル料金が含まれているのか、リサイクル料金は買取り額とは別に払い戻されるのかという点にご注意下さい。

北見トヨペット株式会社|〒090-0833 北海道北見市とん田東町616番地 TEL0157-24-6191 FAX0157-31-4570

Copyright 2008 Kitami Toyopet. All rights reserved.